XR開発者のフォーカス: PS VR2、ゲーム、ハードウェアの改善、そしてヘルスケアへの活用

  • Johan Bouvin
  • 4 分

XR developer leveraging eye tracking for next-gen VR headsets

XR開発者向けブログ第二弾をお届けします。VR、AR、MRの分野では多くのことが起きており、新しいゲームやイノベーションが間もなく市場に登場する予定です。詳細について説明する前に、是非、XR開発者向けページ にて、XRに関するメルマガを購読し、関連ニュースやインサイト、そしてアイトラッキングを使った開発に関する情報を受け取ってください。

ハイライト

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation VR2の発売日を発表しました。ヘッドセットは来年2月22日から発売され、新規および更新されたタイトルがアイトラッキングに対応します。
  • XRハードウェアにおけるアイトラッキングの本質的な価値について、プリンシパル・アナリストのAnshel Sag氏へインタビューしました。
  • TobiiとOlleyes、VRとアイトラッキングでアクセス可能で効果的なビジョンケアを構築することについて

PlayStation VR2 — まとめ

2023年2月22日に発売が発表されたPS VR2は、デザイン(コントローラーを含む)の刷新、人間工学の改善、シースルー機能、フォービエイテッドレンダリング、アイトラッキングを搭載し、没入感をターゲットとする企業のリストに加わることになります。まだご覧になっていない方は、ティーザー動画 Feel a new real | PS VR2 (ESRBによるレーティング申請中).

アイトラッキングによるダイナミック・フォービエイテッド・レンダリング(DFR)の実現は、我々の技術がVRに与える最高の贈り物の一つであることは間違いありません。PS VR2のゲームデベロッパー数社が実際にDFRを採用し、 Virtual Reality OasisEurogamerIGNなど、多くの好意的な体験レビューをご覧いただけます。

また、ゲーム内のインタラクションを実現するために、Tobiiのアイトラッキングが使用されています。こちらの投稿: Revealing the evolution of the Firewall franchise for PlayStation VR2では、PlayStationがオリジナルのゲームをベースに、ビジュアルのアップデートと、武器の交換などゲーム内の要素とのインタラクションを可能にするアイトラッキング機能をどのように構築したかを語っています。

 Demeo reinvents game night on PlayStation in 2023 — では、Gustav Stenmark氏 ゲームにしばしば関連するノスタルジアについて語っています。彼は、本作のアップデート(PS VR2向けに2023年に登場)により、アクティブな触覚フィードバックとアイトラッキング機能が搭載され、プレイヤーの没入感を深め、メニューやゲーム内オブジェクトとのインタラクションの直感性を高めることに言及しています。Become a hero on PlayStation VR2 in Star Wars: Tales from the Galaxy's Edge では、プレイヤーの動きや視線の方向が確実に反映されるようになります。

新たに発表された11のPS VR2ゲームにおいて、PlayStationは『The Dark Pictures』などのタイトルに言及しています。『Switchback VR』、『Cosmonious High』、『Tentacular』は、直感的かつ没入感のある方法でオブジェクトや環境とのインタラクションをサポートするとのことです。

IGNでは、 PlayStation VR2 should make It easier for developers to port their gamesにて Joe Skrebels氏は、開発者向けに提供される多くの機能 - 中心視野から外れた部分の解像度を落とす機能、VR traceなどの開発環境ツール、comfort sampleなど - について語っています。要約すると、PS VR2は、ユーザーにはより深いインタラクションを提供し、開発者にはゲームをプラットフォームに乗せるためのよりアクセスしやすい体験を提供することになると思います。

ハードウェアの問題

SIGGRAPH 22で、ダグラス・ランマン(Meta社ディスプレイ部門責任者)は、知覚的にリアルなキャプチャとディスプレイシステムに関する基調講演で、VRヘッドセットに関するトップ10のハードルを取り上げています。私たちのアイトラッキングの科学的な品質と包括的な人口カバー率は、いくつかの問題を克服し、コンピューティング効率とディスプレイ性能を引き上げるのに役立つと言えるでしょう。

Tobii Spotlight for Foveated Renderingは、企業向けデバイスであるPico Neo 3 Pro Eyeをサポートします。HP Reverb G2 Omnicept Edition や HTC VIVE Pro Eye などの企業向けデバイスで既に数年間利用され、現在では PS VR2 などのコンシューマー向けデバイスで、複雑なコンテンツやより優れたグラフィックスを安定した高いフレームレートでサポートしています。

特に、FoVが広くなると歪みが大きくなるため、レンズによる画像の歪みは常に課題となります。また、静的な歪み補正は有効ですが、それはユーザーの目がレンズの中心にあるスイートスポットに一致するときのみ機能します。視線がずれたり、ヘッドセットがずれたりするとズレが生じ、静止歪み補正技術では補正できません。私たちは、最高のユーザーエクスペリエンスを実現するために、ダイナミックな歪み補正を可能にする先進的な技術に取り組んでいます。

下記インタビュー動画では、主席アナリストのAnshel Sag氏が、アイトラッキングがどのようにハードウェアのパフォーマンスを向上させ、最終的にユーザーがゲームやアプリケーションを使用する際の体験を向上させるかについて詳しく説明します。

Video thumbnail

ユーザーケース

アイトラッキングと解析機能を備えたVRヘッドセットの採用は、ビジョンケアの精度、効率、アクセシビリティを向上させるためのアプローチとして、ますます普及し、拡張性も高くなっています。VRARAヘルスケア・フォーラム2022では、Olleyes社のCEOであるAlberto Gonzalez氏とTobii社のAmanda Bentley氏が、市場機会を捉え、テクノロジーの境界を押し広げるための製品開発の経験を共有しました。

Video thumbnail

リソース

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントのシニアディレクターである高橋 泰生氏秋山 賢成氏は、今年のCEDECでPS VR2の仕様について説明し、開発者がこのプラットフォームにゲームを移植することがいかに容易であるかを説明しました。PS VR2のSDKはPS5と同じで、UnityとUnreal Engineの開発キットを使って作られたゲームに対応しています。前回の記事「 avatars, games, and pilot training」で、PS VR2向けのUnityを使った開発について少し触れているので、是非ご覧ください。

次世代コンシューマ向けVRヘッドセットにアイトラッキングが搭載されると、XRゲームでは、インタラクション、UI、アバター、ビジュアル、グラフィックスなどの分野でユーザー体験を最適化する大きな機会が期待できます。先日のXR Bootcampで、私はAlexander Clark氏(Starcade Arcadeの創設者)と共に、VR開発におけるアイトラッキングの注意点について講演を行いました。講演後の専門家によるラウンドテーブルとQ&Aセッションをお見逃しなく!

Video thumbnail for Eye tracking for VR
1:35

XR開発ゾーンには、アイトラッキングがバーチャルリアリティ体験にどのようにシームレスにフィットするかを探るためのプロトタイプや、お客様のタイトルやアプリケーションにアイトラッキングを追加するために使用できるXR SDKが揃っていますので、是非ご覧ください。

  • XRインテグレーションプラットフォーム
  • フォービエイションテクノロジー
  • デバイスインテグレーション
  • XRヘッドセット
  • アプリケーション/開発用キット
  • フォビエイテッドレンダリング
  • 拡張現実

執筆

  • Johan Bouvin

    Johan Bouvin

    Director of product — XR software and ecosystem at Tobii

    Hi, I work with tons of developers from all over, hoping to gain an understanding of how their eye tracking needs are evolving. My aim is to ensure that we continue to develop our SDKs, developer tools, and XR platform to align with the rapidly expanding needs of the industry. I collaborate with amazing people in different lines of work. I find the more varied the individuals, the more interesting the results.

メールマガジンに登録する

アイトラッキングとアテンション・コンピューティングに関する最新情報をお届けします。