サイネージの広告効果を高めるために

  • トビー・テクノロジー
  • 5 min 分

Man at Heathrow airport wearing Tobii Pro Glasses 3

広告・サイネージ評価でこんな課題はありませんか?
「最小コストで最大効果が得られる評価データを取得したい

交通広告をはじめ、屋外広告、店舗広告と言えば、かつてはポスターなどの紙媒体がほとんどでした。しかし、最近では、駅構内や電車内、街中、スーパーなど、様々な場所にデジタルサイネージが設置されるようになりました。これらの普及に伴い、どの位置のどの広告が見られているのか、内容はどこまで記憶されているのか、広告価値を正しく評価し、競合メディアとの差別化を明確にしたいというニーズが高まっています。デジタルサイネージへの広告は今後急速に成長することが予測され、根拠のある広告評価が求められるようになっているのです。交通広告代理店様をはじめ、メディアセールス事業者様、広告クライアント・ブランドオーナー様など、それぞれの立場で最小のコストで最大の効果を得るための客観的な評価を求める声が高まっています。

今しなければならないことは何か?
「客観的なデータをもとに広告価値を再評価する」

交通広告や屋外広告、店舗広告を扱う代理店様にとっては、立地や設置場所などの既成概念にとれわれず、対象者の実際の動きの中で、どの場所のどの媒体が見られているかを明確にすること。それによって、クライアントに、客観的なエビデンスに基づいた広告価値を提示できるようになります。メディアセールス様にとっては、広告枠の違いによる値付けの根拠を明確に示せるようになること。何%の人に見られたのか、何秒見られたのか、調査データを分析することで、具体的な金額への換算が可能になり、自社広告の価値の差を明確に伝えることができるようになります。広告クライアント・ブランドオーナー様にとっては、販促物ごとにどの販促物が見られているのか、記憶されているのか、データでその効果を明確にすること。そのことによって、広告を見直し、販促にかけるコストの最適化が可能になります。

アイトラッキングはなぜ優れているのか?
「広告/サイネージ評価の多彩なニーズに対応」

サイネージや動画などの広告媒体としての価値を高めるには、従来のような単純な視聴率や目立ち具合だけではなく、消費者がメディア内の何を見て、どのようなメッセージを受け取っているのかを把握することが必要となってきています。トビー・テクノロジーのアイトラッキングなら、被験者の視線を計測することで、どの広告を見ていたか、見ていなかったかがわかります。また、見ていた時の長さなどから、関心の高さも評価することができます。アイトラッキング調査の結果は、動画・数値データとしてアウトプットが可能です。客観的なエビデンスとして、クライアントや社内プレゼンに効果を発揮します。

A woman wearing Glass 3 is looking at signage in the underground.

トビー・テクノロジーだからできることとは?
「VRとの統合で、場所にとらわれない調査を実現」

トビーのアイトラッキング調査では、VRとの統合で、場所にとらわれない高精度な調査も可能です。トビーが自社開発したVRを用いることで、その被験者にも完全に同じ画像を見てもらうことができ、まったく同一の条件で調査することができます。また、どのような場所に掲載されている広告/サイネージであっても、その場で自在に再現できます。視線データ取得後すぐに、ビジュアライゼーションや数値データの確認ができ、報告書の短期納品も可能です。

トビー・テクノロジーでは、ハード/ソフトウェアにとどまらず、データ取得から分析までをワンストップで提供。アイトラッキング世界NO.1の分析力で、広告調査をサポートします。

関連コンテンツ

メールマガジンに登録する

アイトラッキングとアテンション・コンピューティングに関する最新情報をお届けします。