Chimpanzee in the jungle

霊長類

霊長類の研究にもアイトラッキング

アイトラッキングは、主要な研究機関で、霊長類に関する研究に活用されています。認知能力、比較社会学的刺激、行動神経学/生態学の研究に貢献しています。

研究分野

ヒト以外の霊長類のアイトラッキングは、意思決定、感情認識、注意、および社会的行動についてインサイトを提供します。アイトラッキングは、同じまたは類似の条件を使用して、人間とヒト以外の霊長類を評価する可能性を提供します基礎調査と臨床調査の間のギャップを埋める可能性があります。当社の非侵襲的で拘束のないアイトラッキング技術により、研究者は霊長類の環境を考慮しながら、カスタムラボや自然環境でデータを収集できます。

  • 認知神経科学

  • システム神経科学

  • 臨床およびトランスレーショナル神経科学

  • 動物行動学

  • 行動心理学

  • 認知心理学

アイトラッキングで測定できるもの

瞳孔中心角膜反射(PCCR)は、最も正確で非侵襲的に目の動きを測定する方法の1つです。この手法を使用するアイトラッカーは通常、視線の原点、注視点、瞳孔径などの生データを含むデータストリームをリアルタイムで出力します。

Monkey walking on all fours

アイトラッキングによる認知プロセスの研究

当社アイトラッカーとソフトウェアTobii Pro ラボは、データをさらに処理し、以下を含むNHPにおけるさまざまな認知プロセスに関する貴重な結論を引き出すことができます。

  • 注意
  • 認知的推論
  • 顔認識
  • 社会的選好
  • 動機

さまざまな設定での信頼性

霊長類でアイトラッキングの研究を行う場合、さまざまな場所やシナリオで使用できるようにすることが重要です。管理された実験室でも、または動物園や自然保護区のような囲いの中でも、いずれの場合でも、動きの自由度や使いやすさを損なうことなく、確実なデータを提供することができます。 

霊長類研究のためのセットアップ

Tobii Pro Spectrum eye tracker with a screenshot

スクリーン /研究室

スクリーンベースのアイトラッカーTobii Pro スペクトラムおよびTobii Pro ラボを使用して、ラボ環境での視覚刺激が画面に表示されます。

Monkeys in a zoo

スクリーン / フィールド

動物園や霊長類保護区で、Tobii Pro スペクトラムとTobii Pro ラボを使って、視覚刺激をスクリーンに表示することができます。

An infant in front of Tobii Pro Spectrum eye tracker looks at a researcher with poppets

実際の活用場面 / 研究室

被験となる霊長類は、実験室環境において、Tobii Pro スペクトラム と Tobii Pro ラボ を用いて、物体や静止した物理的な情景を観察したり、相互作用ができます。

人間以外の霊長類の研究における視線追跡

社会的行動の伝統的な評価とアイトラッキングを統合

Ryanと同僚(2020)はTobii Pro TX300を使用し、縦方向のアイトラッキング研究でアカゲザルの社会的発達を研究しました。研究者らは、生後1~6か月のサルの社会的刺激に対する眼の凝視の持続時間を測定しました。Tobii Studioソフトウェアを使用して、アイトラッキングデータを記録および処理しました。研究結果は、なじみのない同種の目を見るのに費やされた時間と、仲間と始められた社会的対話の数との間に、正相関があることが明らかになりました。

チンパンジーの内部覚醒レベル

Hepachと同僚(2021)は、チンパンジーの他者援助の動機づけを研究しました。行動パラダイムの間、チンパンジーは同種の動物が餌を手に入れるのを助ける機会がありました。プロセス全体を通して、Tobii X120を使用してチンパンジーの眼の瞳孔径(内部覚醒の代用)を測定しました。研究結果は、チンパンジーが直接的または間接的な相互関係に基づいて他のチンパンジーを助けるように動機付けられていることを示しました。

オマキザルにおける同性の注意の傾向

Lonsdorfと同僚(2019)は、同性または異性の顔に対するオマキザルの好みを調べました。なじみのない同種のオスまたはメスの顔の画像を見るオマキザルの視線行動は、Tobii Pro TX300アイトラッカーで測定されました。その結果、同性の注目選好が明らかになり、潜在的な競争相手が交配候補者よりも注目を集めることが示唆された。

関連商品

Tobii Pro Spectrum monitor
スクリーンベース

Tobii Pro Spectrum/スペクトラム

最大1200Hzの速度で視線データを取得する高性能な研究用システムです。固視化研究からマイクロサッカードまで、幅広い研究に対応するスクリーンベースのアイトラッカーです。

さらに詳しく
Tobii Pro Lab
Tobii Pro Lab

Tobii Pro ラボ

Tobii Pro ラボは、スクリーンベース型とウェアラブル型のアイトラッカーをサポートするソフトウェアです。研究者のワークフロー全体をガイドします。

さらに詳しく

詳しくは

より良い研究のために

Tobiiは、様々な研究ニーズに対応したサポートを提供します。

Tobii Connect

Tobii Connect

Tobii Connectは FAQやサンプルプロジェクトの解説、動画マニュアル、実験手順ガイドなどの日本語資料をご覧頂けます。日本語サポートを受けられるので、安心してご研究を進められます。

Tobii Academy

Tobii Academy

Tobii Academyのオンライン学習プラットフォームは、研究デザインから御社のアイトラッキングデータの解釈まで、あらゆる段階で研究の成功をお手伝いします。

参考文献

  1. Brooks, J., Kano, F., Sato, Y., Yeow, H., Morimura, N., Nagasawa, M., Kikusui, T., & Yamamoto, S. (2021). Divergent effects of oxytocin on eye contact in bonobos and chimpanzees. Psychoneuroendocrinology, 125, 105119.
  2. Gao, J., Adachi, I., & Tomonaga, M. (2022). Chimpanzees (Pan troglodytes) detect strange body parts: An eye-tracking study. Animal Cognition.
  3. Maylott, S. E., Paukner, A., Ahn, Y. A., & Simpson, E. A. (2020). Human and monkey infant attention to dynamic social and nonsocial stimuli. Developmental Psychobiology, 62(6), 841–857.
  4. Sato, Y., Kitazaki, M., Itakura, S., Morita, T., Sakuraba, Y., Tomonaga, M., & Hirata, S. (2021). Great apes’ understanding of biomechanics: Eye-tracking experiments using three-dimensional computer-generated animations. Primates; Journal of Primatology, 62(5), 735–747.
  5. Zhang, B., Zhou, Z.-G., Zhou, Y., & Chen, Y.-C. (2020). Increased attention to snake images in cynomolgus monkeys: An eye-tracking study. Zoological Research, 41(1), 32–38.