Surgical robotics

手術用ロボットのテクノロジー

アイトラッキングが手術用ロボットを強化

アイトラッキングは、どこに注目しているかを明らかにすることで、医師が機器をスムーズに操作し、コミュニケーションや手の動きによる負担を軽減する視線制御機能を実現する方法を提供します。

手術用ロボットは、デジタルトランスフォーメーションで医療の向上を可能にした典型的な例です。遠隔操作の外科用ロボットで、非常に小さな切開を高精度で行うことにより、低侵襲で術後の迅速な回復を見込める様々な処置を実現しました。

トビーのセンサー技術は、頭部と目の動きをリアルタイムにデータストリームとして提供することで、人の注意を解読します。

小型で手術用のワークステーションへ組み込むことが出来、生成されたデータは次のことに利用できます。

  • 遠隔地とのコラボレーションを強化
  • 手術のワークフローを簡素化
  • タッチポイントの削減
  • 技能伝承を容易に
  • 安全性とウェルネス機能の構築

遠隔地とのコラボレーションを強化

外科手術の場合、これらのプラットフォームでは手術用のカメラや内視鏡など、手術室の機器からのビデオストリームを遠隔地の共同研究者に配信します。専門家は、遠く離れた場所にいても、隣の部屋にいても、手順を追ったり、機器を制御したり、手術室にいるスタッフとコミュニケーションを取ることができます。これらの通信システムは、専門知識を共有したり、現場にいるスタッフの人数を減らし感染リスクを軽減しています。

Surgery

手術のワークフローを簡素化

外科手術では、体に大きな負担がかかります。ロボットによるアシストがあり、人間工学に基づいて設計されたワークステーションに座っていても、外科医の負荷は高いままです。アイトラッキングを手術用ワークステーションに組み込むことで、その負担を軽減することができます。

Surgical robotics hand held

タッチポイントの削減

トビーのアイトラッキング技術は、ほとんどのデバイスやスクリーンに対応するので、既存のシステムに組み込むことが可能です。

ダイヤルやスイッチ、手で操作する特殊なコントローラーなどの機器を追加することなく、アイトラッキングを組み込むことができるため、新たな入力モダリティを生み出すことができます。

IS5 Platform components

技能伝承を容易に

アイトラッキングにより外科医の行動を理解することができれば、ライブトレーニングを大幅に向上させることができます。外科医が何に注目しているかを把握することで、学生は何が起こっているかを確認し、熟練医師の経験に裏打ちされた暗黙知を学ぶのに役立ちます。

Surgical procedure

安全・安心な機能

患者やスタッフの安全と健康を維持することは、あらゆる医療サービスにとって重要な目標です。アイトラッキングは、手術用ロボットに安全性とウェルネス機能を追加することを可能にします。

Surgical robotics

関連製品