<基礎編>スムーズな技術・技能伝承、教育のために熟練者の「視線」を知る

  • トビー・テクノロジー
  • 5 分

この記事では、技術・技能伝承や教育に課題をもっている方向けに、基礎となる視線動画の活用方法について解説しています。まずは、「アイトラッキングは教育に使えるツール」というのを知っていただくための内容になっています。
他にも、応用編発展編もご用意していますので、自社の課題に合わせてご覧ください。

Skilled operators and newcomers operating the machines

「技術・技能伝承や教育に時間がかかる。」 何か良い解決策はないだろうか?

製造やインフラ業界では、新人の加入や作業員の人事異動に伴って、技術・技能伝承や教育が必須となっています。高い品質を保ちながら生産性を向上させていくためには、スピーディでスムーズな技術・技能伝承や教育が不可欠です。各社とも、手順書やマニュアルを整備しています。

さらに、熟練者の作業の様子を映した教育用のビデオなど、様々な工夫を凝らした教育用資料を作成して、教育に取り組んでいます。しかし、思っていたような成果が出ていない企業も多く、よりよい解決策が求められています。

熟練者の動きをまねるだけではない。熟練者の「視線」は技能の宝庫。

熟練者は作業中、どこを見て、どう動けば効率的なのかを経験的に知っています。しかし、熟練者は、一連の作業を無意識に行っていることが多いため言語化が難しく、これがスムーズな技能伝承の障害となる場合があります。

そこで「視線計測」が効果を発揮します。「視線計測」をすることで、熟練者の「カン・コツ」を見える化して、技術教育の資料として活用することができます。熟練者の無意識の視線は、まさに「技能の宝庫」なのです。

Male employee operating a machine.

いつもの作業をしながら、「熟練者の視線付き動画」が撮れる。

世界シェアNO.1であるトビーのアイトラッキングを使えば、「熟練者の視線付き動画」は簡単に取得できます。

トビーのウェアラブル型アイトラッカー「Tobii Proグラス3」は、通常のメガネをかけるように装着して、自然な状態で視線をとることができます。そのため、いつも通りに動き回りながら、目視検査や設備点検の現場において多かった上目で見る作業や、手元/足元での作業の視線も取得できます。その後、視線の入った動画観ながら、熟練者に「このときはどこを見て、どう判断して、どう動いたか」を解説していただくことで、新人も納得感があり、理解しやすい教育用ビデオを作成できます。

アイトラッキングを活用すれば、技術・技能伝承、教育をスピーディにスムーズに行うことができます。

アイトラッキング導入で、教育期間が50%削減!

アイトラッキングはすでに多くの製造・インフラ業界で活用され、技術・技能伝承や教育で大きな成果をあげており、教育期間の半減に成功した会社の事例など数多くあります。

また、トビーのアイトラッキングは、学術研究をはじめ、医療関係のトレーニングやマーケティングなどにも応用されており、高い評価を受けています。

  • ウェアラブル
  • コンサルティングサービス
  • 教育・評価
  • オペレーション・保守
  • 自動化・DX

関連コンテンツ

メールマガジンに登録する

アイトラッキングとアテンション・コンピューティングに関する最新情報をお届けします。