ソリューション

自動車

自動車のライフサイクルのソリューション

トビーのアイトラッカーは、自動車、自動車部品メーカー、研究機関などで、先行研究やUX/デザイン、設計、生産からユーザー体験まで、自動車のライフサイクルを通して重要な価値を提供します。

活用企業

Customer logos
Customer logos
Customer logos
Customer logo
Customer logos

トビーのアイトラッキングでできること

Car designers

リサーチ

有名な研究機関は、トビーのアイトラッキング技術を利用して、自動車メーカーやその他の自動車産業の一部と協力し、非侵襲的な行動研究を行っています。

Woman interacting with car interface

UX/デザイン

世界中の大手自動車メーカーの大多数は、トビーのアイトラッキング技術をUX/デザイン評価で使用しています。

Assembly line car industry

生産工程

OEMやTier1サプライヤーは、工場プロセスの強化や品質向上、技能伝承のために、ウェアラブル型アイトラッカーを使用しています。

Car showroom

購入者のエクスペリエンス

ショールームは、車の購入者のカスタマージャーニーにおいて、最も影響力のある重要なポイントの一つです。買い物客を惹きつけるものは何か、ショールームをどのように最適化できるかなど、アイトラッキングで明らかにします。

Tobii Driver Monitoring System - distracting driving

運転

トビーのドライバーモニタリングシステム(DMS)は、ドライバーの視線から運転中の注意を評価するための強力なソリューションです。 眠気や注意散漫などのドライバーの状態をリアルタイムでフィードバックでき、事故のリスクを軽減することができます。

Woman driving a car using Tobii Pro Glasses 3 wearable eye trackers

Tobii Pro グラス3 は、学術研究やマーケティング、消費者行動分析、技能伝承など、幅広い領域で活用されています。

Woman driving a car

研究

自動車メーカーやサプライヤーは、日々進化する技術や環境の変化に対応するため、世界有数の研究機関と連携して研究を進めています。例えば、ボタンレスなUX、電気自動車の普及を加速させる新しい規制、センサー技術や運転支援の機能の進化は、チャンスをもたらすと同時に、ドライバーの行動に大きな影響を及ぼします。

トビーはOEMやTier1サプライヤーをサポートする有名な研究機関と連携しています。トビーの技術は、車種や車室空間の快適性によってドライバーの認知負荷やストレス、注意散漫などの主要な指標を計測し、新しい機能がドライバーの行動にどう影響するのかを評価するのに役立っています。

UX/デザイン

ユーザー中心設計(UCD)と直感的なインターフェイスの作成を促進するために、UXデザイナーはドライバーの注意力散漫への影響を最小限に抑えた機能を提供するよう取り組んでいます。

自動車業界では、UXの変更に伴うリスクとコストを最小限に抑えるための効果的な方法として、早期かつ頻繁な消費者テストを採用しています。トビーの技術は、機械によって生成された評価指標を提供し、消費者のフィードバックを客観的なインサイトと組み合わせて、UXデザインの変更の影響を正確に評価することを可能にします。

製造

自動車製造での工程や生産ラインの合理化は、特に手作業による目視検査や標準作業手順において、コスト管理を維持するために不可欠です。

アイトラッキングは、熟練者と非熟練者、ベテランと若手の違い、熟練者同士の共通点などを抽出、分析して、標準化できます。その成果を手順書や教材に反映して、教育期間の短縮や教育レベルの向上にも繋げます。さらに、標準化された技能は、自動化/作業支援システム開発にも活用することができ、多くの自動車メーカーはアイトラッキングの技術を採用しています。

購入者のエクスペリエンス

購入者は、メーカーのウェブサイトから始まり、ショールームや自動車博覧会に足を運び、そして試運転へと歩みを進めることが多いでしょう。彼らのニーズや予算に合った最適な購入プランを見つけるために、購入者のカスタマージャーニーを理解することは非常に重要なポイントです。

トビーはOEMと協力し、オンラインやショールームでの体験をより魅力的にするべく、購買者の行動に関するインサイトとノウハウを提供します。

運転

調査によると、ドライバーの3分の2は事故が起こる前の数秒間、注意散漫になっていることが分かっています。次世代ドライバーモニタリングシステム(DMS)は、ドライバーに特定の危険な行動を警告し、他のドライバーや自転車、歩行者を含むすべての道路利用者の安全を守るため、この統計値を減らすために重要な役割を担っています。

トビーDMSは、20年にわたるアイトラッキングとアテンション・コンピューティングの技術革新と統合のノウハウの上に構築されています。トビー DMSは、ドライバーの注意状態に関する重要なシグナルとデータポイントを提供することで、交通安全を向上させます。これらの信号を活用し、車両はドライバーの注意散漫や眠気、その他の危険な行動を監視し、タイムリーな警告やアラートによって事故を防止し、必要に応じて車両の制御を行うことも可能です。

Road statistics Europe

2003年から2018年までのEUにおける交通事故死者数

"2025年までに、EUの新しい規制が施行され、すべての新車にドライバーの眠気と注意力を認識するシステムが義務付けられます。"

お問い合わせはこちら

トビーは、自動車メーカーやそのサプライヤーと密接に協力し、トビーの技術を自動車のライフサイクルの各段階で統合しています。