Child playing with puzzle pieces

発達心理学

乳幼児や小さな子供たちの研究

Tobiiのアイトラッカーは、乳幼児および子どもの研究者にも使われています。誕生から少年期までの子どもたちの知覚的、認知的、社会的感情の発達などの研究に活用されています。

なぜアイトラッキングなのか

発達心理学の研究における課題は、通常、注意力が短く、長時間座ることができず、指示をまだ理解していない乳児や小さな子供を対象に研究することです。指示なしで乳児の視線行動に関するデータを正確かつ迅速に抽出できる、非侵襲的な技術であるアイトラッキングは、この課題を克服します。

アイトラッキングは、発達機能がいつ出現し、時間の経過とともにどのように発達するかを判断する方法を提供します。

Reading Research with Tobii Pro Spectrum Eye Tracker

アイトラッキングで測定できるもの

当社ソフトウェアTobii Pro ラボと併せて活用すれば、データの処理を進め、以下を含むさまざまな認知プロセスに関する貴重な結論を引き出すことができます。

  • 視覚

  • 行動制御の開発

  • 社会的認知と対話

  • 動眼神経機能の発達

  • 言語習得

  • 自閉症スペクトラム障害やADHDの早期診断などの分野における臨床発達研究

アイトラッキングデータで研究できるもの

発達研究において、様々なアイトラッキングデータを活用する方法があります。

  • 視覚的注意の割り当ては、人生最初の段階で、子どもがどのように顔の表情を評価するか、その他の関連するプロセスで、理解と想起を適用する能力を示します。

  • 予測的な眼の動きは、起こり得る事象を予測する子どもの能力を示しています。たとえば、構造的または知覚的な完成についての知識を明らかにすることができます。

  • 瞳孔散瞳は、子どもの覚醒と期待の違反を測定します。

  • スムースパーシュートのテストは、物体の追跡能力などの動眼神経の発達を理解するのに役立ちます。

Infant research using Tobii Pro Spectrum

乳幼児および子どもの研究向けのアイトラッカー

Tobii Pro Spectrum

研究者向けスクリーンベースアイトラッカー

Tobii Pro スペクトラムとTobii Proフュージョンは、スクリーン上に視覚刺激を与え、Tobii Pro ラボと連携し、研究者をサポートします。

Boy learning in a classroom with Tobii Pro Fusion eye tracking

Screen-based for the field

プラグアンドプレイのTobii Pro フュージョンアイトラッカーを学校やデイケア施設の任意の画面に接続して、邪魔にならない方法でデータを収集できます。 Tobii Pro ラボと連携して、行動に関する洞察を提供します。

Baby looking at puppets using Spectrum

スタンドアロンなラボ

学習で生徒が物理的なオブジェクトやインストラクターを観察したり操作したりする必要がある場合は、Tobii Pro スペクトラムまたはTobii Pro フュージョンをスタンドアロンモードで使用できます。 Tobii Pro ラボと連携して、行動に関する洞察を提供します。

Tobii Pro Glasses 3

リアルな実験環境に最適なウェアラブル型アイトラッカー

およそ5歳から使用できるTobii Pro グラス3を着用した子どもたちは動き回って、現実世界のシーンと対話します。

アイトラッキングと実際の発達研究

社交発達の初期マーカーとしての、乳児の顔への注意バイアス

この縦断研究で、Peltolaと同僚(2018)は、スクリーンベースのアイトラッカーを使用し、生後7か月の乳児の顔に対する注意バイアスと、成長するにつれて、共感と支援との反応との相関関係を調査しました。研究者たちは、顔をそらす競争パラダイムを使用し、7か月での顔への注意の増加は、24か月での支援反応の増加、および48ヶ月で無表情で感情のない特性の減少に関連していると結論付けています。

単語が属するカテゴリに興味がある場合、子どもの学習は容易になる

Ackermannと同僚(2019)は、動物や乗り物など、特定カテゴリの対象に対する子どもの関心が、新しい単語と対象との関連付け学習のロバストネス性に影響を与えるかを調査しました。ここでは瞳孔測定を使用して、カテゴリとオブジェクトへの関心のレベルと、単語認識をターゲットにして測定するための注視時間を判断しました。

社会的相互作用の目標は、生後13か月の乳児の連想学習を強化する

Thieleと同僚(2020)は、生後13か月の乳児の選択的学習を研究しました。スクリーンベースのアイトラッキングを使用して、研究者らは、そうでないものと比較した社会的対話の試験においてより高速なサッカードのレイテンシーとより予測的な視線移動が含まれていることを特定しました。この調査結果には、乳児が社会的対話を観察することが本質的に価値があると考えるという見解を支持しています。

関連する製品

0/0

Tobii Pro Spectrum monitor

Tobii Pro Spectrum/スペクトラム

最大1200Hzの速度で視線データを取得する高性能な研究用システムです。固視化研究からマイクロサッカードまで、幅広い研究に対応するスクリーンベースのアイトラッカーです。

さらに詳しく
Tobii-Pro-Fusion

Tobii Pro Fusion/フュージョン

最大250 Hzのサンプリングレート、2つのアイトラッキングカメラ、2つの瞳孔追跡モード(明瞳孔と暗瞳孔)を備えたTobii Pro フュージョンは、高性能でポータブルなアイトラッカーです。

さらに詳しく
Tobii Pro Lab

Tobii Pro ラボ

Tobii Pro ラボは、スクリーンベース型とウェアラブル型のアイトラッカーをサポートするソフトウェアです。研究者のワークフロー全体をガイドします。

さらに詳しく
Glasses 3 wearable eye tracker front view

Tobii Pro Glasses 3/グラス3

現実の世界向けに設計された当社の第3世代ウェアラブルアイトラッカーを使用すると、さまざまな設定で行動調査を行うことができます。

さらに詳しく

0/0

icon-symbolicons-megaphone

New アイトラッカー発売開始!

Tobii Pro Spark/スパークは、アテンションデータと有用なインサイトを提供する研究用アイトラッカーです。 手軽に研究を始められるエントリーモデルとなっています。

ぜひご覧ください

より良い研究のために

Tobiiは、様々な研究ニーズに対応したサポートを提供します。

Tobii Connect

Tobii Connect

Tobii Connectは FAQやサンプルプロジェクトの解説、動画マニュアル、実験手順ガイドなどの日本語資料をご覧頂けます。日本語サポートを受けられるので、安心してご研究を進められます。

Tobii Academy

Tobii Academy

Tobii Academyのオンライン学習プラットフォームは、研究デザインから御社のアイトラッキングデータの解釈まで、あらゆる段階で研究の成功をお手伝いします。

参考文献 

Shinya, Yuta, Masahiko Kawai, Fusako Niwa, Yasuhiro Kanakogi, Masahiro Imafuku, and Masako Myowa. "Cognitive flexibility in 12-month-old preterm and term infants is associated with neurobehavioural development in 18-month-olds." Scientific reports (2022).

Michel, Christine, Sabina Pauen, and Stefanie Hoehl. "When it pays off to take a look: Infants learn to follow an object’s motion with their gaze—Especially if it features eyes." Infancy (2022).

Senzaki, Sawa, and Yuki Shimizu. "Different types of focus: Caregiver–child interaction and changes in preschool children’s attention in two cultures." Child Development (2022).

Jackson, Iain R., and Sylvain Sirois. "But that’s possible! Infants, pupils, and impossible events." Infant Behavior and Development (2022).

Arias-Trejo, Natalia, Armando Q. Angulo-Chavira, Daniela S. Avila-Varela, Fernanda Chua-Rodriguez, and Nivedita Mani. "Developmental changes in phonological and semantic priming effects in Spanish-speaking toddlers." Developmental Psychology (2022).