設備点検・パトロール

品質向上と効率化

設備トラブルが発生する原因は多岐に渡ります。そのために、新人の教育には時間がかかります。トラブルの原因を素早く見つけ、迅速な復旧を行うためには、何を確認することが必要なのか、熟練者のカンコツを明らかにする必要があります。熟練者の技能を抽出し、行動と背景にある知識を言語化していくことによって、より具体的な指導、迅速なトラブル対応につなげていくことができます。

アイトラッキングで課題解決

Workers in industrial warehouse

技能伝承がなかなか進まない

  • 熟練者の技能を若手に伝承するのに時間がかかる。

  • 熟練者の作業は無意識にやっていることが多く、本人は覚えていない、当たり前だと思っており、言語されないことが多い 。

  • 熟練者が行っている無駄なく能率的な行動や操作、その背景となっている判断理由を明確化することが難しい。

Person looking at a presssure valve

トラブル対応 

  • 設備トラブルが発生した際に、対応できる作業員が限られており、その結果、復旧に時間を要し、設備を安定的に稼働することが難しい。

  • トラブルの予兆を事前に見極め、装置が停止する前に適切に対処するには、装置を熟知した熟練の技能が求められる。  

  • 若手は、熟練者や経験豊富な作業者よりも異常を発見する頻度が低いため、さらに監視が必要。

  •  設備の経年劣化による故障が増えると、設備の停止頻度や時間が長くなり、より大きな損害を招く。

Worker looking at machinery

安全性、生産効率化の問題

  • トラブル発生時に早急な復旧対応ができず、設備の安定稼働に支障をきたしている。

  • 作業者による技能や作業時間のバラつきがあり、一人当たりの労働生産性や、全体的な効率化の妨げになる。

  • 問題が起こる前に予兆を見極め、対処をする。予知保全という観点からも、日々の設備点検や巡視の中で、いかに見落としを減らし、一人ひとりの技能を高めていくかが重要。

アイトラッキングで出来ること

  • 熟練者と非熟練者の同じ作業における視線の違いを抽出し、技能(カン・コツ)を見える化します。

  • 熟練者の技能(カン・コツ)を抽出、分析、標準化することで、効率的な技能伝承が可能になります。

  • アイトラッキングでは熟練者、非熟練者の違いを抽出し、視線動画をもとに熟練者にインタビューすることで、行動背景となる知識も抽出できます。

  • 標準化したものを手順書や教材に反映することで教育期間の短縮、教育レベルの向上へ繋げられます。また自動化への元データとしても活用できます。

Tobii Equipment inspection

仕組み

1. 見える化

視線・動作における熟練者同士の視線の共通点、熟練者、非熟練者との視線の相違点を抽出します。

2. 標準化

視線動画をもとに熟練者にインタビュー。熟練者の行動に必ずあるその背景となる「経験・理論といった知識」も抽出して、分析を行い、標準化します。

3. 改善

標準化したものを評価/教育、アシスト、機械化/半自動化/自動化に活用します。

Tobiiだからできること

Tobii Insight

Tobiiでは、アイトラッキングなどのハードウェアやソフトウェアの導入をはじめ、調査・分析サービスでは調査設計、他生体計測を含めたデータ取得、視線リプレイ動画を通じたインタビュー、分析を行い、標準化までお手伝いします。その後のアクションとなる、評価、教育や、マニュアル作成など、具体的な改善のための支援を行っています。

ウェアラブルアイトラッキング 

トビーのウェアラブルアイトラッカーは、軽量で目障りでないデザインのため、製造現場やトレーニングでの利用に最適です。広角のシーンカメラは、作業者の自然な行動を妨げることなく、作業中に何を見て、何を行っているかを正確に捉えます。ウェアラブルアイトラッカーは、教育や生産性/安全性の向上に活用できます。

Tobii Pro Glasses 3 with battery

お問い合わせ 

アイトラッキングの機器、調査サービスについてお気軽にご相談ください。