オペレーション・メンテナンス

高水準を維持

製品をつくる際に、生産設備・金型・材料などを準備・セットする段取り替え。そして、最適な生産を実現するためのオペレーション。こうした業務が滞ると、大きな損失につながりかねません。アイトラッキングを活用することで、現状を把握、問題点を洗い出して、改善へ繋げることがきます。

アイトラッキングで課題解決

Automation machine inspection

トレーニングの難しさ

  • 装置のオペレーション、メンテナンスにおける熟練と新人の違いを知りたい。

  • 作業者によるバラつきをなくし、装置の停止時間を極力減らして稼働時間をアップさせたい。

  • 手順順守を確実に進めたい。

  • 新人教育に時間がかかる。

Men working on wind blade maintenance

装置の停止時間

  • オペレーション・メンテナンスが不十分だと生産ラインが停止し、大きな損害につながる。

  • 小さな不具合を早期に発見し修正しないと、後々大きなトラブルにつながる。

Crane operator

事故

  • 重機・特殊車両運転の事故を減らしたい。

  • フォークリフトやクレーンの運転技能の獲得には時間がかかり、現場では教育の機会をなかなか取れないのが現状。

  • 現場ではちょっとした運転ミスや不注意が事故につながることがあり、事故防止や安全性の向上が大きな課題になっている。

アイトラッキングで出来ること

  • 熟練者と非熟練者の同じ作業における視線の違いを抽出し、技能(カン・コツ)を見える化します。

  • アイトラッキングでは熟練者、非熟練者の違いを抽出し、視線動画をもとに熟練者にインタビューすることで、行動背景となる知識も抽出できます。

  • 標準化したものを手順書や教材に反映することで教育期間の短縮、教育レベルの向上、事項防止、安全性の向上に繋がります。

Maintenance and Operation

仕組み

1. 見える化

視線・動作における熟練者同士の視線の共通点、熟練者、非熟練者との視線の相違点を抽出します。

2. 標準化

視線動画をもとに熟練者にインタビュー。熟練者の行動に必ずあるその背景となる「経験・理論といった知識」も抽出して、分析を行い、標準化します。

3. 改善

標準化したものを評価/教育、アシスト、機械化/半自動化/自動化に活用します。

Tobiiだからできること

Tobii インサイト-調査サービス

Tobiiでは、アイトラッキングなどのハードウェアやソフトウェアの導入をはじめ、調査・分析サービスでは調査設計、他生体計測を含めたデータ取得、視線リプレイ動画を通じたインタビュー、分析を行い、標準化までお手伝いします。その後のアクションとなる、評価、教育や、マニュアル作成など、具体的な改善のための支援を行っています。

Tobii Pro グラス3

トビーのウェアラブル型アイトラッカーアイトラッカー、Tobii Pro グラス3は、軽量で目障りでないデザインのため、製造現場やトレーニングでの利用に最適です。広角のシーンカメラは、作業者の自然な行動を妨げることなく、作業中に何を見て、何を行っているかを正確に捉えます。ウェアラブルアイトラッカーは、教育や生産性/安全性の向上に活用できます。

お問い合わせ 

アイトラッキングの機器、調査サービスについてお気軽にご相談ください。